ありのまま、なるがまま

不自由ごっごをやめて ”私″から自由になろう!

最初の覚醒体験 その1

自分で死ぬって、死んでやる!というガッツがいるんだなぁ・・・

知らなかった。

 

もう3日になる。

カーテンも開けず、

ごみくずみたいに部屋のすみにうずくまって、

抜け殻みたいになった体と、絶望をかみしめている・・・

 

涙は枯れ果て、考えることにも疲れ切った。

私はどうなってしまうんだろう・・・?

 

でも、

死ねないなら、生きるしかない。

食べ物を買いにいこう・・・

 

 

 子どもがいないからこそできることは何か。

 住みたい国に住むことだと話し合って、夫はタイに、

 私は当時暮らしていたオーストラリアと日本を行き来する。

 そんな生活をして迎えた、結婚13年目。

 夫が電話で、現地妻と子どもが二人いると告白。

  長女は3歳という・・・

 4年間も騙されていたおバカな私は、ヘラヘラ笑うしかなかった。

 煮えたぎる腹の中では、

 別れて、幸せになって、見返してやる!と思ったものの、

 ショックで子宮筋腫が悪化、全摘手術を受けることに。

 

 もう子どもを産めなくなる、もう幸せな結婚なんて望めない・・・

 手術のために番組を降板する、仕事を失う、無収入になる・・・

 

 それまで当たり前にあったもの、信じていたもの、支えにしていたもの、

 すべてを一度に失って、自分の存在価値がゼロになった。

 

 

39歳、年の瀬、曇天。

スーパーの袋をぶら下げてトボトボ帰る途中、

寒空の下で貧血を起こして、(食べていなかったから)

目の前の小さな神社で少し休もうと思ったのです。

 

賽銭箱の横に腰をおろし、目を閉じました。

そして、こんなことを口走りました。

 

「神様、私は一生懸命生きてきましたが、

どこかで何か間違えちゃったみたいです。

こんなになっちゃいました・・・

でも、もう、気力が残っていません。

私の人生はこれでいいですから、

神様のもとに帰してください」

 

そう言うやいなや、意識を失いました。

(たぶん数秒、数分?)

うっすらと、目を開けたとき、

まっ白な光、光、光・・・

 

その中に参道が見えてきて、 

「まだ生きてる…」と思いました。

 

と、言葉で言い表せないほど大きな、

やすらぎと温もりに、一気に包まれて、

「あー、神様の愛だ…」と感じたんです。

 

滂沱の涙がほおを伝いました。

私は立ちあがり、神殿を向いて合掌。

 

「この愛は、私にだけじゃない。

みんな、本当はこんなに深く愛されているのに、

それを知らないで生きている…

私は残りの人生で、そのことを伝えます。

どうか、私に神様の仕事を手伝わせてください」

 

必死に祈るうち、

生まれ直したかのように、気力がみなぎってきました。

 

このとき、 強く感じたのです。

「死ぬことは、こわくない。

死は、あの神様の愛に溶けることなんだ…」と。

 

この覚醒体験が、私を救いました。

しかし、この体験への執着が、新たな苦しみの種になるとは、

そのときの私は知る由もありませんでした。

 

                  ―― つづく ――

人生は‟ライブ" だ!

「人生は “ライブ”だ!」は、

「人生は、まさに生放送だ」ということ。

 

今、目の前で起きていることが、

そのまま中継されているようなものだからです。

 

私たちは全員、ライブの観客であり、出演者。

自分のライブを観て、演出して・・・

盛り上げるために、ここにいます。

 

ライブの醍醐味は、どこにあるでしょうか?

 

それは、動きが止まらないことですよね。

うまくいっても、いかなくても、

次々と展開する新たなことを

生で体験して、感動できることです。

 

刻々と姿を変える、今がある。

人生は、まさにライブの中のライブです。

 

そんな人生を楽しむコツは、ただ一つ。

 

予定通りに物事が運ばなくても、

とんでもないアクシデントに見舞われても、

それを体験している自分を受け入れて、

 

刻々と移り変わる今に、

意識を100%合わせて生きること。

 

でも…

私たちは、たびたびそれをしそこなうんですね。

 

巻き戻しが効かないのが人生なのに、

「あのとき、ああしていれば…」とか

「あの日に戻りたい…」と、

すぐ思ってしまうから。 

 

それって、

大好きなシンガーのライブに出かけて、

心ここにあらず…の状態になり、

生の歌声が全然耳に入ってこないのと

同じだと思いませんか?

 

 

人生を謳歌するためにも、

今・ここに、意識を結集して生きましょう!

 

過去や未来にとらわれない。

それは、とっても大切なことだから。

 

なぜなら、そうして今を生き切った先に、

「永遠のいまここ」、

(同じ名称なのでややこしいんですが)

「時を超えた次元」があるからです。

 

私が平仮名で「いまここ」と書いたソレは、

ライブを観ている私たちの大元、

森羅万象を観照している “本来のワタシ”と一緒。

 

時間は観念、「あって、ない」んです。

 

頭でわかろうとしなくていいですよ。

然るべきときがきたら、

「いまここ」は、時を超えて向こうからあらわれます。

そのためにも、

今は、まず目の前の今を、全力で生きてください。

 

コメントをくれた、ゆかさんに応えて書きました。 

 (呼び方は、ゆりりんでいいですよ)

「いまここ」は時間と場所にあらず

大いなる気づきの中で、

「いまここ」に、すべてがあることを知りました。

 

「いまここ」は、時間と場所を指しているんじゃないんですね。

「いま」を、あえて言葉にすると、「時を超えた今」

「ここ」を、あえて言葉にすると、「全体という源」

 それで、

「永遠のいまここ」と表現してみたんですが、

うーん・・・やっぱりわかりにくい。

 

「いまここ」は、もともと言い表せるようなものではないし、

 「ひとつの生命エネルギー」と言われてもピンとこない。

「創造神」と言われても、えー?となる。

(かつての私がそうでした)

 

もっと身近で、わかりやすい表現はないかと探して、

 “本来のワタシ” という表現に落ち着きました。

 

「いまここ」は、時間と場所ではないと書きましたが、

でも、“本来のワタシ”に出会うときは、

意識は、必ず「今」にあります。

過去や未来に意識飛んでない、という意味です。

 

だから、禅の修行では「今・今・今」、

自分が「今」していることに没頭して

自我意識を落とし、

身心脱落を目指します。

 

私は10年ほど、がむしゃらに座禅を組んだことがあるんですね。

老師から「生きたまま、死んで来い」と言われて座るものの、

当時、私は「悟りたい!」という自我と一体化していたために、

燃える自我を超えることは、とうとうできませんでした。

 

それから、苦節ウン年。。。

 

「絶対に悟りたい」を含む、すべての欲望が削ぎ落とされたとき、

騒々しかった心に、うそのような静寂がおとずれました。

 

波立っていた水面が、

いつのまにか鏡のように平になって、

そこに……ぽっかり、月が映った。

 

月は、心がどんなに波立っているときも、

それこそ宇宙の始まりから、

ずーっと変わらず、水面に映っていたのです。

 

月は例えに過ぎません。

これが、いまここ、 “本来のワタシ”に出会ったときのようすです。

 

すると、不思議なことに、

老師から言われた「生きたまま、死んで来い」や、

「仏が出たら、仏を殺せ」といった言葉の真意、

さらには、難解だった禅語の解釈が、

ストンと腑に落ちました。

 

禅は、奥深い。

禅の心で生きていきたいと思います。

 

 

あなたは、我を忘れて何かに夢中になり、

時が経つのも忘れていたこと、あるでしょう?

そのとき、

余計な考えや、嫌な感情にわずらわされる自分は

いなかったはず。

 

ふと我に返って、

思わず時計を見て、

「もうこんな時間? あー、おもしろかったぁ」

と感じたと思います。

 

そうやって何度も、

あなたは「いまここ」を味わった経験があるんですよ。

 

本当は、これまで一瞬たりとも、

「いまここ」から切り離されていたことはないのですが…

 

あとは、

“私” と “本来のワタシ”は、不可分。

そのことに、ある日突然、「劇的に気づく」だけ。

 

気づいたあとは、

「もう逝く時間? あー、おもしろかったぁ」

というまで、人生に夢中になればいいんです。

‟自由に生きる"

「人生が終わるときまで、思いっきり自由に生きたい!」

と書きました。

あなたの「自由に生きる」って、どんなイメージでしょうか。

 

やりたいことする。。。ですか?

 

 だれからも束縛されず、好きなことを好きなようにする。

 買いたいものを買って、食べたいものを食べて、住みたいところに住んで、

 過ごしたい人と愉快に過ごす。

 

でも、そう思ったとたん、こんな心の声が聞こえてきませんか?

 

 やりたいことをやって食べていくなんて、ムリムリ。

 そもそもお金がなかったら、好きなことなんてできないし、

 自由を夢見ながら、不自由に甘んじて生きていくしかない・・・

 

いえ、いえ、とんでもない!

このブログのサブタイトルを見てください。

不自由ごっごをやめて “私”から自由になろう! です。

 

「自由に生きたい」と思うのは、「幸せに生きたい」からですよね。

それならば、一秒たりとも、

今感じている不自由に甘んじることはありません。

 

不自由にしている張本人は、“私”です。

 

私といっても、ゆりりんではありませんよ。(^▽^;)

“私”の正体は、自分自身が抱え込んでいる「観念」です。

 

「観念=思い込み」は、すべての領域に無数にはびこって、

思考や行動をコントロールしています。

私たちは、そんな観念の塊を“自分”と思っているんですね。

 

不自由ごっこ と書いたのは、

不自由は、真実じゃないから。

私たちは、不自由なフリをして遊んでいるだけだからです。

  

 

それがわかったのは、大いなる気づきを得たときでした。

観念の外にいる自分を見つけて、

「なーんだ、こんなに自由だったのか…」と思いました。

 

そして、

「~であるべき」「~をするべき」と心を縛っていた数多の考えは、

心にくっついた塵のようなものだと感じたんです。

 

自由そのもの。

まさに、 “本来のワタシ”は、自由の塊。

 

だから、観念だらけの私を受け入れているし、

観念に縛られて、私がどんなに苦しい思いをしても、

オールOKなんですね。

 

でも・・・人間生活を送るからには、

やっぱり、「幸せだなぁ~」と感じながら、

心穏やかに生きていきたいですよね。

 

だったら、

心に降り積もった塵を払って、

掃除したての部屋のように、すっきりしませんか。

 

で、観念は観念として、臨機応変に活用することにして、

結果にこだわらない。

人の言うことにとらわれない。

もう悩まないことにしましょう。

 

そうやって“私”から自由になると、

観念バリバリのときとは、正反対の体験をするようになりますよ。

 

このままの自分で、すごーく満ち足りるんです!

 

お釈迦さまの掌の上

もはや、記憶もかすむくらい昔の話で恐縮ですが…

名古屋出身の私が20歳のときに就職した先は、中部日本放送アナウンス部

そこで「ゴーゴー・ドラゴンズ」というテレビ番組を4年間担当して、

足しげく球場に通い、宮崎キャンプへも取材にいきました。

 

選手たちと親しくなっていく中で、「これが男気というものか」と乙女心をくすぐられたのが、星野仙一さん。

とっても思いやりのある、魅力的な人でした。

私は、その後もずっと知り合い気分でテレビで顔を見ていましたから、

突然の訃報、70歳。早すぎる死に、びっくり!!

 

でもね、

もしショックに、「悲しみ」や「落胆」が含がまれるとしたら、

ショックはありませんでした。

「おつかれさま」「ありがとう」「本来の姿にかえったんですね」・・・

空を仰いで、そんな言葉を言っている自分がいました。

 

じつは、去年の6月に母を見送ったときも、まったく同じ気持ちでした。

涙の代わりに、愛の微笑みがこぼれました。

それから、より一層、母の存在を身近に感じるようになったんです。

 

死生観は、それぞれ人によって大きく異なるものなので、

正しいかどうかという観点で、これを読まないでくださいね。

ただ、こんな受け止め方もありますよ・・・ということ。

 

かつての私は、死をこわがって忌み嫌っていました。

なぜかというと、まだ何も知らなかったから。

それから二度、覚醒体験をして、

“本来のワタシ”が存在することを知ってから、死に対する認識が180度変わったんです。

 

本来のワタシに、「死」はありません。

 

本来のワタシは、肉体でも、感情でも、思考でもない。

どこどこのだれそれといった名前でも、肩書きでもない。

それらはみんな、この世をエンジョイするための付属品。

あってないもの。

 

だから、

「何かをやり残している」と未練を残すことは、ないんです。

「心が傷ついたままだ」と苦しみ続けることも、ないんです。

そういうことは、生きている人間が自分に当てはめて、勝手に想像するだけなんですね。

 

人間の体に入ったワタシを「魂」と呼ぶとすれば、

魂が人間の体を去ることは、終わりではなく、

光にかえって次のステージに向かう、はじまり。

人間の死は、魂の門出なんですよ。

 

「それじゃ、ゆりりんは夫を亡くしても悲しまないの? 」と聞かれれば、

「ううん、悲しくて、悲しくて、泣きじゃくる!」と答えるでしょう。

でも、その感情を昇華させたら、やはり、愛の微笑みを浮かべると思います。

 

私はというと、本当にいつ死んでもいいんです。おまかせ。

でも、そのときまでは、思いっきり自由に、

何事に見舞われても、「おーそうか、そうか」と笑い飛ばしながら生きたい!

“本来のワタシ”の掌の上に乗っかって。。。

 

それは、お釈迦さまの掌の上と同じだって、知ってます?

温泉饅頭

夜明け前、まどろみの中でポッと浮かんだもの。

温泉饅頭・・・

食べたいとか、大好きとかじゃなくて、

なーるほど・・・

 

たぶん、私がどう言えばいいかと戸惑っていたから、本来のワタシがヒントをくれたのでしょう。(^▽^;)

 

ひとりひとりを温泉饅頭にたとえれば…という話。

さあ、あなたも温泉饅頭になり切ってみて。

 

あなたという饅頭をうっすらとおおっている薄皮、それが自我。

 自我は、世間という外の世界とまみえるための防護服のようなものです。

薄皮の内側にあるふっくらとした皮が、無意識で、

その内側にデーンとある黒あんが、 “本来のワタシ”。

 

悲しいかな、温泉饅頭まるまる一個が自分だというのに、

私たちは自我が芽生えると、ペラペラの薄皮一枚を「これが私!」と勘違いしてしまうんですね。

薄皮は、自分自身である自我を守ることにやっきになります。

いつも戦々恐々として、多くのことを恐れ、

恐れが無意識にまで及ぶと将来に漠然とした不安を覚えるようになり、

その不安を打ち消そうとして、お金や、人の評価や、人の温もりを得るために、苦しくてもがんばり続けるようになるんです。

 

もし、あなたが、これが人生だと思い込んで一生を過ごすとしたら、

まだメインの黒あんを満喫していないんですよ。

じつに、もったいないと思いませんか?

 

黒あんこそが、本来のアナタ! 

叡智と愛のかたまりなんです。

それは、片時もあなたを離れたことはありません。

温泉饅頭ができた、つまりあなたが誕生したときから、ずっとあなたの真ん中に鎮座しています。

 

あなたはときどき、その存在を感じていたはず。

ふっと、やさしさがわいて、人に「こうしてあげたいな」と思ったことや、「こうすればいいんだ!」とひらめいたこと、あったでしょう?

でも、すぐに自我が「その必要はない」とか、「それはムリ」と主張したから、結局やめちゃった・・・とかね。

 

覚醒とは、

「自分の本質は、薄皮じゃなくて、黒あんだった――!」と、

明確に気づくことなんです。

ゆるぎない真実に触れて、心の底から安心することなんです。

 

黒あんからあふれる愛は、自我が抱える不安を洗い流してくれるので、

もう絶対に失いたくないと思います。

実際、二度と見失うことはありません。

その後は、自我がひょいと顔を出しても、「おいおい、その辺にしておきな」となだめて、意識を簡単に黒あんに戻せるようになるでしょう。

 

まるごとかぶりつけば、黒あんの甘味がたちまち口中に広がり、

薄皮はその味に溶けて一体となって、もう問題を起こすことはなくなります。

さらにうれしいことには、

ほかの人の薄皮も、さして気にならなくなるのです。

ああ、薄皮を自分だと勘違いしてるんだな、ってわかるから。

 

たとえ、あなたの覚醒体験がまだだとしても、

それは然るべきときにやってくるから、心配しないで。

自分は、薄皮を含む温泉饅頭全体だと知っているのは、すごいことです。

きっと、以前のように自我に振り回されなくなるでしょう。

 

これからは、

ふっと、わいたやさしさを、引っ込めないでくださいね。

考えない、考えない・・・

黒あん、黒あん・・・ 

日々是好日

今年のお正月は、びっくりするくらい“お正月気分”にならなかったなぁ…

その前にあったクリスマスも、ハロウィンもそう。

でもね、決してシラケているわけでも、嫌なわけでもないんですよ。

ツリーも飾ったし、お雑煮も食べたし、世間の盛り上がりをテレビで見ていました。

 

だけど、なんていうか、ただ庭を眺めるように眺めていたというか、

自分の身に起きたことを空から鳥の目で見ている感覚、と似ていました。

気分は、『日々是好日』(どの日もみんな等しく素敵)という感じで、いたって平和。

 

かつては、「イベントがある日はひとりにしないで!」「私もみんなと同じように楽しみたい!」という思いが強烈なタイプでしたから、

孤独なクリスマス・イブは恐怖だったし、いつもまわりの人はどのくらい楽しんでいるかが、気になってたまりませんでした。

何を着ているか、何を食べているか、誰と一緒かまで、すごく気になりました。

 

で、人と比べて一喜一憂する。それが日常茶飯事。

自分が創り出す “シリアスドラマ”にのめり込んでいたときは、そうでした。

 

これは、気にすることがよくないとか、気分はこうあるべきだという話ではありません。

みんな、思い思いに華々しいイベントを楽しめばいいと思います。

ただ、そこで何があっても、どんな感情がわいたとしても、

人生に生じたことに、深刻にならなくていいよ、と言いたいんです。

 

人生そのものがイベントだから。

 

“本来のワタシ”から見れば、

どの人の人生もみんな等しく素敵な、つかのまのイベントなのです。

まさに『各人生これ好人生』

 

“ワタシ”と片仮名で書いたときは、個人(私という自我)ではないことを了解してくださいね。

ワタシに姿形はありません。

本来のワタシとは、「全体」=「源」です。

(ワンネス、ひとつ命、神、大宇宙、サムシング・グレイドと同義)

 

で、人生に深刻にならないとどうなるかというと、

「なるようにしかならないし、なるようになる」という感覚が生まれ、

私とワタシの両方で、物事を楽しめるようになるんですね。

 

悲しいときは悲しむし、はしゃぐときははしゃぐし、だらけるときはだらける。(私)

それでもって、いい気分も悪い気分も持ち越さない。(ワタシ)

ワタシは、時間と場所を超越しているから、いつも静かに「いまここ」にいて、感情を過去や未来に持ち運ぶことはありません

 

人生というつかのまのイベントを、胸をときめかせて楽しみましょう!

そのコツは、

何事においても、少しも深刻にならず、思いきり真剣にやること!

イベントの主役は「私」

主人公は「ワタシ」